本文へ移動

建築鉄骨


建物に“夢”を。
「美しさ」「強さ」を付加する技術。
 
1997年に完成した日本最大級の木造建築ドームとして知られている「大館樹海ドーム(現二プロハチ公ドーム)」。秋田杉集成材の連結部分と膜受材に当社製品の鉄骨が使用されています。現在では珍しくありませんが、「鉄骨と木材」を組み合わせた建築の魁になった建物です。
この曲線が美しい卵形の建造物の鉄骨製作をはじめ、難易度の高い特殊構造物を数多く手がけ、実績を積み重ねています。
 
デザイン性の高い特殊建築鉄骨は勿論、一般建築鉄骨、外観にも拘った耐震補強鉄骨も得意としております。Hグレード認定工場。設計から現場施工まで、責任を持って対応致します。

 

アーチ状特殊構造物

「丸真食品株式会社 新納豆製造工場」(茨城県)
建物全体を曲げ加工したH型鋼で囲い、ルーバーを配置した難易度の高い構造物です(溶融亜鉛メッキ)
 
「秋田市立体育館」(秋田県)
縄文首都オリンピア神殿をモチーフにした東北最大規模の体育館。メインアリーナ、サブアリーナ回廊の鉄骨を製作しました。
 
「秋田市立体育館」(秋田県)
 
「大間PRセンター」(青森県)
 

鉄骨と木材のハイブリッド建築

「石岡市庁舎」(茨城県)
「石岡市庁舎」(茨城県)
「石岡市庁舎」(茨城県)

トラス構造

「大館市観光交流施設 秋田犬の里」(秋田県)
「昭和木材(株)」(秋田県)
「能代火力発電所」(秋田県)
「横浜山手中華学校」(神奈川県)
「仙台駅」(宮城県)
「(株)小滝電気製作所」(秋田県)
「横浜ララポート」(神奈川県)
「JR東日本盛岡支社ビル」(岩手県)
PC構棒と高強度・無収縮のモルタルで、既存建物の外側に外づけした耐震補強ブレースです(溶接亜鉛メッキ)。
 

取扱事業部


 ■秋田・東北エリア


 ■仙台・関東エリア

生産能力

  • 鉄骨製作……5,000t/年

主要設備

  • 溶接ロボット(天吊マルチワークWS他) 1台
  • PL開先加工機(HVK-300) 1台
  • H型鋼開先加工機(MHV-1050NCA) 1台
  • プレスブレーキ(PHS 300) 1台
  • 門型クレーン(5t/3t) 4台
東光鉄工株式会社
【本社管理部】
〒017-0012
秋田県大館市釈迦内字稲荷山下19-1

TEL.0186-48-3234
FAX.0186-48-5922
TOPへ戻る